ロート製薬の化粧水!肌ラボ『極潤ヒアルロン液』の効果と口コミ

      2019/07/14

ロート製薬の化粧水!肌ラボ『極潤ヒアルロン液』の効果と口コミ

浸透の良い化粧水を使ったとき、「肌がゴクゴク水を飲むように」と表現することがありますが、肌ラボ『極潤 ヒアルロン液』はそんな使用感を目指した化粧水です。

ロート製薬の肌研究から生まれた独自のヒアルロン酸配合バランスで、肌が本当に必要とする潤いを補い、余分なものは与えないシンプルさが特徴です。

季節やキャンペーンごとに発売される限定ボトルも可愛くて人気♪プチプラのわりに使用感の良さも高く評価されている人気の化粧水です。

ここでは、肌ラボ『極潤 ヒアルロン液』の製品概要や期待できる効果、使用者の口コミなどをまとめて紹介します。

肌ラボ『極潤 ヒアルロン液』の製品概要

 

 

「肌が本当に求める潤いを追求」がコンセプトの肌ラボ『極潤 ヒアルロン液』。乾燥している肌に足りないものを見極め補えれば、水をごくごくと飲むように吸収してくれるはず。そんな発想にロート製薬の研究開発力を生かした潤い力重視の化粧水です。

「水をごくごく飲むように」と表現はしていますが、テクスチャーはわりとしっかりとしてとろみがあります。水のようにバシャバシャ浸透させるというより、必要な潤いをじっくり染み込ませ、角質層を十分に潤わせていくイメージの化粧水です。

とろみが苦手でサッパリとした使用感を好む人には、『極潤 ヒアルロン液 ライトタイプ』の方が向いているかもしれません。

 

ヒアルロン液の名前の通り、この化粧水のメイン成分はヒアルロン酸です。1gで6ℓの水分を抱え込める保湿力が注目されるヒアルロン酸ですが、一口にヒアルロン酸と言っても、加工の過程で分子量や性質には様々な種類があります。

この化粧水では、性質の違う3つのヒアルロン酸を肌に最適なバランスで配合し、肌の表面から角質層内部までがまんべんなく潤う処方になっています。

必要な潤いは十分に補いつつ、肌に不要なものはできるだけ与えない。肌の刺激や負担になりそうな添加物をできるだけ控え、価格も抑え、肌質年齢問わず毎日使いやすいシンプルさが魅力です。

『極潤 ヒアルロン液』の主な特徴

  • とろみ系
  • 香料、着色料、油分、アルコール無配合
  • 敏感肌用パッチテスト済み ※すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません
  • 詰め替えあり
  • 1,000円以下(170ml)

ラインナップ

大きく分けると『極潤 ヒアルロン液』と『極潤プレミアム ヒアルロン液』があります。美容液もいくつかありますが、ここでは省略します。

  • 『極潤 ヒアルロン液』170ml
  • 『極潤 ヒアルロン液』170ml(詰め替え)
  • 『極潤 ヒアルロン液』400ml

『極潤 ヒアルロン液』170ml(肌キュンデザイン)

 

『極潤プレミアム ヒアルロン液』170ml

 

『極潤プレミアム ヒアルロン液』170ml(詰め替え)

 

『極潤ヒアルロン液』に期待できる効果

『極潤ヒアルロン液』に期待できる効果

肌ラボ『極潤 ヒアルロン酸』はこんな人におすすめです。

  • 肌の乾燥が気になる
  • 乾燥による小ジワが気になる
  • 毛穴の目立ちが気になる
  • 肌にモチモチ感を求めている
  • ふっくらとしたハリ感が欲しい
  • 水分と油分のバランスの悪さが気になる
  • 潤い力重視のシンプル化粧水がいい

この化粧水に期待される効果は、潤い力の高さによる効果です。ただ表面を潤わすだけでなく、浸透率の異なる3つのヒアルロン酸の調合で角質層全体を潤いで満たし、ふっくらモチモチとした質感に導きます。

角質層が十分に潤うことで期待される効果は、

  • 乾燥の改善
  • 肌にふっくらとしたハリを与える
  • バリア機能を高める
  • 毛穴の目立ちにくい状態にする
  • 肌のキメを整える
  • 皮脂の過剰を防ぐ

などがあります。

乾燥の改善

肌がカサカサする、肌になめらかさやツヤが感じられない、小ジワが目立つ…そんな乾燥状態の肌には、『極潤 ヒアルロン液』の保湿効果が期待されます。

この化粧水は潤い力にこだわったシンプル処方で、角質対策や美白対策・ニキビ対策などの刺激性のある成分は含まれていません。できるだけ肌に刺激を与えず、潤い重視の化粧水を望む人に向いています。

クレンジングや美容液で美白や角質ケアなどの強めのケアを行っているとき、十分な保湿で肌をやわらげ、攻めの美容と守りの美容のバランスを取りたいときにもおすすめです。

肌にふっくらとしたハリを与える

角質層の内部が十分に潤うと、肌にふっくらとしたハリ感が生まれます。とくにヒアルロン酸は、多くの水分を含んで膨らむ性質があり、ハリの無くなった肌にハリ感をよみがえらすサポートをしてくれます。

こちらに配合されている加水分解ヒアルロン酸やアセチルヒアルロン酸Naは、元々は分子量の大きなヒアルロン酸を低分子化し、浸透力を高めたもの。角質層内部からのふっくら保湿で、乾燥による小ジワや肌しぼみが気になるときにも向いています。

参考:美肌に必要?代表的な化粧品成分『ヒアルロン酸』は保湿効果抜群!?

バリア機能を高める

肌が外気に触れるとすぐに乾燥する…ちょっとした刺激で肌が荒れやすい…そんな敏感肌は、バリア機能の低下によって起こります。バリア機能には、水分量、皮脂量、角質層内の天然保湿因子の量、細胞の密度など様々な要因が関わりますが、乾燥はバリア機能を弱める大きな要素の1つです。

乾燥すればバリア機能が弱まり、バリア機能が弱まれば乾燥が悪化する。そんな悪循環を断ち切るためには、潤い力重視のスキンケアで十分な保湿をすることが大切です。

毛穴を目立ちにくい状態にする

多くの人が悩んでいる「毛穴」。毛穴の目立ちの原因にも様々な要素がありますが、乾燥やハリを失った肌では毛穴は目立ちやすくなります。

毛穴のケアと言えば汚れや皮脂の除去や、引き締めなどのケアが浮かびますが、乾燥やダメージによって毛穴が目立っている肌には強い刺激は禁物。そういうケアをするときにも、潤い力重視の保湿は欠かせません。

肌のキメを整える

生まれ持った肌のキメには個人差がありますが、肌を十分に潤わせると本来のキメが整いなめらかな質感になります。『極潤 ヒアルロン液』の口コミでは、キメが整ったみたいという口コミも多く見られました。

乾燥していると外部の刺激によって角質層が毛羽立ち、肌がガサガサ荒れた印象になってしまいます。角質層内部が潤うと細胞の密着度も高まり、キメの整ったモチ肌に近づきます。

皮脂の過剰を防ぐ

皮脂量が多いこと自体は悪いことではありませんが、乾燥をカバーするため皮脂が過剰に分泌されている場合は、部分的にテカリが目立ち、面積の広いところは乾燥するバランスの乱れた状態になります。乾燥が原因になった皮脂過剰のときは、皮脂を取り除くケアよりしっかりと潤いを保つケアを。

『極潤 ヒアルロン液』は、インナードライの乾燥肌対策にも向いています。


『極潤 ヒアルロン液』の口コミ

『極潤 ヒアルロン液』の口コミ

知名度が高いだけに口コミもかなり多い商品ですが、その中からよく見られる口コミをピックアップしてみました。(効果や肌質には個人差があるので注意してください)

肌がもっちもちになる

「とろみのある重ためのテクスチャーですが、肌にのせるとしっかり吸収している感じがあります。手のひらで温め、ハンドプレスしながら使うと肌がもっちもちになります♪乾燥肌の私には手放せません」(20代後半 乾燥肌)

こちらの化粧水の口コミでは、「もちもち」のキーワードが多く見られます。とろみがあるテクスチャーですが、その分浸透すると本当にもちもちとした質感が期待できます。ハンドプレス派とコットン派両方の口コミがありますが、とろみがあるので手で使う人の方が優勢な感じです。

ここでピックアップしたのは乾燥肌の方の口コミですが、混合肌や脂性肌の人からの口コミもよく見られます。とろみはヒアルロン酸Na由来で油分は含まれていないので、混合肌や脂性肌の人の愛用者も多いようです。

ゴワゴワ肌がやわらかくなった

「何が悪かったのかわかりませんが、なぜか肌がゴワゴワになってしまったときにこちらを買いました。とにかくたっぷり使いたかったので大容量がありがたかったです。毎日手で十分に浸透させるようにしたら、やわらかいモチ肌に。ゴワゴワになる前よりもやわらかくなった気がします。コストも安くなったので嬉しい!」(20代前半 混合肌)

肌がゴワゴワしているときは、乾燥によってバリア機能が落ちている可能性があります。そんなときは潤い力の高い化粧水を十分に与えてあげると、肌が蘇るかもしれません。この化粧水は3種のヒアルロン酸で角質層の中からしっかり潤わせる処方なので、より効果的に働いてくれそうです。モチモチやわらかい肌を目指したい人におすすめです。

敏感肌でも使えた

「化粧水で肌が荒れやすいのですが、これは大丈夫でした。乾燥しなくなるし肌がモチモチになっていい感じ。コスパもいいのでリピートしています」(20代後半 敏感肌)

この化粧水の口コミでは、敏感肌の人からの口コミも多かったです。化粧水は浸透力がある分、敏感な肌にとっては一番刺激になりやすいアイテムだそうなので、肌が反応しやすい人はできるだけシンプルな潤いだけに効果をしぼった化粧水が使いやすいかもしれません。

『極潤 ヒアルロン液』に使用されているヒアルロン酸、BG、グリセリンなどの保湿成分は、どれも肌への刺激性の低さや安全性の高さが評価されている使いやすい保湿成分です。アルコールも含まれていません。ただ、肌の相性には個人差があります。中には「肌に合わない」という口コミもあったので、お試しのときには注意しましょう。

全身がしっとり

「プチプラなので全身に使っています。おかげで全身がしっとり。ヒアルロン酸の吸い付くような保湿が気持ちいいです」(30代後半 乾燥肌)

この化粧水は全身用としてもおすすめです。とろみがあるのでスプレーにはしにくいですが、とろみのテクスチャーで全身に伸ばしやすいです。大容量ボトルや詰め替えもあり、毎日たっぷり使いやすいのも魅力的です。ボディクリームやオイルだけでの保湿では体の保湿がいまいち…なんてときは、ヒアルロン酸入りの化粧水を使うとモチモチ度がグッとアップすることがあります。

浸透はゆっくりだけど潤いが持続

「かなりとろみのあるテクスチャーで、浸透に少し時間がかかる感じです。でも、その分じっくり肌に入ってモチモチ感が長持ちするみたいです。手で押し込むようにつけると肌が手に吸い付くように。その仕上がりがとても好きです」(40代前半 乾燥肌)

『極潤 ヒアルロン液』は、浸透はするけど浸透のスピードはゆっくりと感じている人が多いようです。その代わり、一度浸透してしまえば潤いが逃げづらく、しっとり感やモチモチ感が長持ちするという口コミがよく見られます。『極潤 ヒアルロン液 ライトタイプ』の方は、とろみはあるものの浸透は早くサッパリした使い心地です。肌質や使用目的、季節に応じて使い分けるのも良さそうですね。

まとめ

ロート製薬の化粧水、肌ラボ『極潤 ヒアルロン液』は、とろみの保湿がじっくりと浸透し、モチモチした肌質感が長持ちすると感じる人が多いようですね。

何と言っても価格がプチプラなのが人気の秘訣。シンプルな潤い力重視の化粧水を選びたいときにおすすめの化粧水です。